>

融資の相談をしてみよう

どんな事業をするのか

審査を通過できれば、資金を受け取れます。
今回が初めての開業になる人は、社会的な信頼がまだ低いので、審査を通過するのが難しいかもしれません。
しかし自分がどのような人間で、これからどのような事業を行いたいのか説明すると通過できるので安心してください。

特に事業計画書は、重要な書類です。
事業の内容や、この事業が成功することで得られる利益の予想額、さらに社会に与える影響やメリットも記入しましょう。
このぐらいの情報があれば、計画性がある人だと判断してもらえます。
さらに借りた資金を毎月このぐらい支払うというような、返済計画書も作成しましょう。
自分には返済の意思があると、金融機関に向けて大きくアピールしてください。

借りる金額を考えよう

どんなに計画書が具体的でも、借りる金額が大きいと審査が厳しくなり、通過できないかもしれません。
ですから、不安な人は借りる金額を見直してください。
特に1000万円以上の金額を借りる時は、かなり厳しく審査されます。
開業資金や運転資金に最低でもそのぐらいが必要ですが、全てを金融機関から借りるのは賢い方法ではありません。

まずは自分の貯金額を把握し、足りない分を金融機関からの融資で補いましょう。
すると借りる金額を下げられ、審査も緩くなると思います。
また金融機関ごとに、特徴があることを理解してください。
金利が低い金融機関、スピーディーに融資をしてくれる金融機関などが存在するので、都合の良い金融機関を見極めましょう。


この記事をシェアする