開業資金・運転資金っていくら必要?

かなりの大金が必要となる

開業と運転のために資金を集めよう

自分の会社を持ちたいという夢を抱いている人は、それに向けて貯金を始めてください。 若い時から貯金を始めていれば、将来は開業できるぐらい資金を集められるはずです。 それでも足りない人や早く開業したい人は、補助金や助成金を申請できないかチェックしましょう。

融資の相談をしてみよう

金融機関に相談すると、融資を受けることができます。 しかし、審査を通過しなければいけません。 そのためにはこれまでの経歴や、これから始めたい事業などの情報をたくさん提供することがポイントです。 情報が少ないと、怪しい人だと思われるので気を付けてください。

クラウドファンディングで出資される

投資家に出資されることでも、資金調達ができます。 すばやく投資家を見つけるためには、クラウドファンディングを行いましょう。 基本情報をサイトに登録するだけで始められるので、手軽さも人気の理由です。 そしてさらにスムーズに資金を得るために、宣伝してください。

頑張って貯金をしよう

何とか開業できても、運転資金がなければ途中で経営が滞ってしまいます。
ですから資金調達をする際は、開業資金と運転資金の両方を集めることを心がけてください。
どちらも、最低でも1000万円近い金額があれば大丈夫だと言われています。
今はどこかの会社で働いており、いずれ自分の会社を立ち上げたい人は、このぐらいを頑張って貯めましょう。
しかし貯金だけでは厳しい人も多いでしょうから、補助金や助成金などを使っても良いと思います。

さらに、金融機関に融資を申し込んでも構いません。
審査を受けて通過できれば、希望した金額を融資してもらえます。
自分の貯金だけで足りない時に、その分を融資で補いましょう。
審査を無事に通過するコツは、事業計画書と返済計画書を丁寧に作成することと、必要な金額だけ借りることです。
開業や運転のために大金が必要でも、借りる金額が多いと審査が厳しくなってしまいます。

クラウドファンディングで、資金調達を行っても良いですね。
クラウドファンディングも返済しなくても良いですが、代わりに出資してくれた人に向けて返礼品を渡します。
需要が高い返礼品ならみんなが進んで出資してくれるので、スムーズに資金が集まると思います。
また自分がクラウドファンディングをしていると、世間に向けて発信してください。
誰にも気づいてもらえないと、クラウドファンディングが失敗します。
この時はSNSを使うと、情報が拡散されるのでおすすめです。